灰 屋 川 & 上 桂 川 探 石

先月は灰屋川(はいやがわ)と上桂川に行ってきました。
もちろん石を拾いに、、笑
灰屋川と上桂川は、京北(京都市の北の方)を流れる川。
上桂川は小さいころバーベキューをしに行ったり、鮎の塩焼きを食べたりした思い出があるけど、、
正直なところ、灰屋川という川があることは、はじめて知りました。
探石した場所は明確に分かりませんが、灰屋川は地図でいうとこのあたりです。
今回の探石は、大阪の“枚方愛石会”のみなさんとご一緒させていただきましたっ!
車に乗せていただいて京北までむかいます。
道中車内では、このあいだ淡路島で拾ったという珪化木を見てもらいました。
(こないだブログにのせたこの石たちです)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というのも、珪化木じゃないのでは説が浮上したので、、
診断してもらったのですが、、、
ごめんなさい!珪化木ではありませんでした、、!!
よくよく観察するとキラキラした雲母のようなものも混ざっているし、珪化木はこのような割れ方をすることはあまりないみたい。
破片ではなく、ころっと塊のまんま残っているのだそうです。
ざんねん、、珪化木を手に入れるのは、まだまだ先のことになりそうです。

気を取りなおして、今日はまず灰屋川から探石です!!
拾えそうなところに辿りつくまで、ずんずん山を登ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ふつうに登山。笑
山なのでまだマシだけど、それでもけっこう暑くて、そこそこキツい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも石を拾うためには、先に進まねば、、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
道がなくなっていようが先に進みます。笑
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何分くらい歩いたんだろう、、30分はぜったい歩いた!と思うけど。
ようやく灰屋川に到着!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山の川。ですね。小さな川です。
川といっても、下流のひらけた河原ばかりで拾っていたので、傾斜のある場所での探石ははじめて。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
空気も澄んでいるし、あたり一面きれいな苔色。
でもこの苔がぬるぬるしてて、足場が悪い。
足下に気をとられてなかなか石に集中できません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そんでもって、光が反射しちゃって水中がよく見えない。
ベテランさんは、水面からでている頭だけ見て、全体のかたちが想像つくらしい、、
すごすぎませんか、、?!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
経験を積み重ねると、やっぱり勘も鋭どくなるんでしょうか。
「ここらへんを動かしたらジャグレが出る!」とか分かるようになるらしい(カッコいい、、)
経験の浅い山田は全くだったー。。難易度高めでした。

お次は、上桂川!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車で15分くらい?移動した先にありました。
上黒田公民館っていうところが目印。ここに車とめて河原にはすぐ出られます。
(お手洗いもあるので便利です)
こちらは灰屋川と違って、ひらけているし、歩きやすいし、石もごろごろあるし、見つけやすそう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川は浅いとこもあれば、足がつかなそうなほど深いところも。
水着じゃなくてもビーチサンダルくらいもってきたらよかったな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

がっつり用意してきているおじさまも。笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石もいいけど、川遊びもいいよね、夏だし。
石の大きさはまちまちで大小さまざま。
色・形・質もいろんなのありますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、結果からいうと、だめでした。
だめじゃないんだけど、石は拾えなかった。
きれいな色だなーとか、おもしろい形だなーって思う石はいくつか見つけましたが、なんかやっぱ違うなって思って。置いてきちゃいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石そのものに欠点があるわけではなくて、ただその時の自分が「いっしょにいたい」って感覚にならなかっただけ。
川で出会うのは一瞬のことで(だからこそ貴重な巡り合わせなんだけど)
だけど持ち帰るということは、この先も一緒にいるということだから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石の収穫は0でしたが、枚方愛石会のみなさんと一緒じゃなければ絶対行けないところでしたし、いい経験になりました。
枚方愛石会のみなさま、ありがとうございました!!

ちょっと先ですが、9月9日(土)・10日(日)に枚方市民会館で、枚方愛石会さんの展示があります。
みなさん、どんな石を出されるだろう、、!楽しみ!
また近くなったらアナウンスしますっ

2件のコメント 追加

  1. ここはきつい山の深い沢で、初心者がいきなりだと歩くだけでいっぱいいっぱいだと思います。無事で何より。最近はマダニとかも怖いのでくれぐれも虫除けは念入りに。響く石は、たやすく見つかりません。苦労してやっと探し出す・・・・・。探石です。ここほんとに京都?水のきれいさに、心洗われたのではないでしょうか。自分探しの探石スタイルは、なかなか筋が良い。

    いいね: 1人

    1. yamadaai より:

      歩くだけでいっぱいいっぱいでした。笑
      わたしは虫にも刺されず無事でしたが、ヒルにかまれて血を流している方もおられました、、山は怖いですね。。気をつけます、、!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中