個展「在りしモノのゆくえ」

東京 原宿のギャラリー「BLOCK HOUSE」にて個展を開催します。
東京で初の個展となる本展では、制作を始めて以降一貫したテーマである「私たちが形をもつ以前の景色」を新旧作を混えてお見せいたします。

《開催概要》
【展覧会名】 山田愛個展「在りしモノのゆくえ」
【会 期】 2021/10/30(土)〜11/14(日)
【開館時間】 13:00-19:00
【休 館 日】 月曜日
【会 場】 BLOCK HOUSE B1F
【住 所】〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-12-9
【観 覧 料】 無料
【ギャラリーHP】http://blockhouse.jp


「どうか、還るべきところへ、還れますように」
私たちが体を手に入れて、それぞれになる前。
本来すべてのものは一つであり、
そこには誰もいない。個であるものが何もない。
それでいて、そこにはすべてが満ちている。
そんな「0の地点」があったように感じている。
還りたいところ「0の地点」へ向かうこと。
そして、辿り着いた先の景色を写し描きたい。

個展「だれもいないあいだ」

3月に京都で個展を開きます。去年末長野で発表した「0の景色」に加え、新作20点ほどの絵を展示予定。

会期:2021年3月15日(月)〜21日(日)
時間:13:00〜18:00
会場:スタジオ・ツキミソウ
https://tsukimisou88.tumblr.com/
住所:京都府京都市左京区岡崎天王町76-8

ここに浮かび上がるものが “だれもいないあいだ” のことでありますように
わたしもいない あなたもいない だれもいないあいだ
そのすべてのものが それぞれになる前の
だれでもなく だれでもあった 0の景色へ

【関連展示 ウィンドウ展】
個展で発表した作品の一部をメトロポリタン福寿創の窓に展示し、屋外からご覧いただけます。
会期:2021年3月22日(月)〜28日(日)
場所:メトロポリタン福寿創京都府京都市左京区岡崎南御所町18
時間:いつでもご覧いただけます。※夕方から23:00はライトアップされます。