山田 愛 / Ai Yamada

自身の感覚をたよりに、ドローイングや、絵と石を用いたインスタレーションを制作。
わたしにとって、作品をつくることは、“本当に帰りたかった場所”に帰るための手段であり、辿り着くまでの道のりが制作のプロセスです。
観賞石専門雑誌「月刊愛石」でコラムを連載している。

1992 京都市生まれ

2014 京都精華大学 デザイン学部 ビジュアルデザイン学科 卒業

2017 東京藝術大学大学院 美術研究科 先端藝術表現専攻 修了

2018 個展「接続 - はじまりの形態」 / GALLERY TOMO (京都)

    個展「明滅する すべてのモノ」 / アトリエ三月(大阪)

2019 「ART OSAKA 2019」 #6008 GALLERY TOMO / ホテルグランヴィア大阪(大阪)

    「瀬戸内国際芸術祭2019」/ 高見島(香川)

    信濃大町あさひAIRアーティスト・イン・レジデンス『生まれたて天国』 / 信濃大町(長野)

2020 個展「何もいらないから、ここに行きたい」 / GALLERY TOMO (京都)

    「石フェス!2020」 / アトリエ三月(大阪)

    あさひかわアーティストインレジデンス / (北海道)


1992 Born in Kyoto, Japan

2014 graduate of Kyoto Seika University, BDes in Graphic Desing

2017 graduate of Tokyo University of the Arts, MFA in Inter-media Art

2018 One-man exhibition “ CONNECTION – The form of beginning ” / GALLERY TOMO (Kyoto)

    One-man exhibition “ All blinking things ” / Atelier Sangatsu (Osaka)

2019 “ ART OSAKA 2019 ” / HOTEL GRANVIA OSAKA (Osaka)

    “ SETOUCHI TRIENNALE 2019 ” / TAKAMIJIMA (Kagawa)

   Shinano omachi Asahi AIR artist in residence “ Umaretate Tengoku ” / Shinano omachi (Nagano)

2020 One-man exhibition “ I don’t need anything, but I want to go there ” / GALLERY TOMO (Kyoto)

    “Ishi Fes ! 2020” / Atelier Sangatsu (Osaka)

    ASAHIKAWA artist in residence / ASAHIKAWA (Hokkaido)


“本当に帰りたかった場所”
それは自身の内側にあって、自分でも気付けないほど奥深くにある。右も左も上も下も、なにも分からない。
真っ暗なところに身を置いて、まずはじっと目を瞑るように静かに観察する。すると、少し離れたところから、ちらちらと微かな灯が見えてくる。
その光はそっと近づかないと消てしまうほど弱々しく、目を離すといなくなってしまう。だから真っ暗な中をその方向へむかい、ゆっくりと確かに一歩ずつ近づいていく。
灯まで辿り着いた途端、辺りは再び真っ暗になる。そして次の灯が合図を送ってきたとき、わたしはその方へと進んでいく。ずっとずっとこの繰り返し。
しばらくすると、ぼんやりとなにかが見えてくる。離れたとこにあったはずの景色が、気付けばわたしを包み込んでいる。その行き着いた場所こそが、“本当に帰りたかった場所”だと知った。


It is inside myself, deep enough to be beyond my recognition.I cannot see right, left, up or down – in fact, I see nothing.
I place myself in absolute darkness and observe silently, as if my eyes are closed. Then, from afar, I see tiny lights flickering.
The light is so fragile that if you didn’t approach gently it would disappear, and if you took your eyes off it, it would be gone. So I head towards it slowly and steadily, step by step.
As soon as I reach the light, the surroundings turn pitch black,The next light sends its signal and I go towards it In everlasting repetition.
After a while, I see something unclear. The view I saw from afar surrounds me before I am aware.That very place is “the place I really wanted to return to.”