2022

個展「ひとつに還れたなら」
2022/7/30-8/14
MOTIF(香川)

私にとって描くことは、本来の地点へ還るための手段である。

目の前の世界では、個人間での小さな争いから、国や思想・宗教などの対立による大きな争いが、絶え間なく生まれては消えて、日々繰り返されている。そんな混沌とした時代だからこそ、外界で吹く風や、刹那的な感情の波にとらわれずに。一人ひとりが、だれもいない深海の宇宙へ眼を向ける心を持てたならば。

新作の空間作品《ひとつに還れたなら》は、そんな想いで半年の月日をかけて取り組みました。作品の観賞と共に、観る人それぞれが自身の心を内観する機会となれば幸いです。

《ひとつに還れたなら》/ H2500,W5000,D5000mm / 和紙,墨,胡粉,岩絵具,石 / 2022

壁面の絵は、指先の感覚に任せて揉み紙にした和紙を何層にも重ねて形作るこの渦を巻く雲のような炎のようなものは無意識に生まれてくる。

陰と陽、地と天、重力と浮力、静止と躍動、外的世界と内的世界、女性性と男性性、、あらゆる相反するエネルギーが、どちらかに傾いたり、中和するでもなく、対極でありながら同時に存在する景色。

だれもいない、真っ暗なトンネルを潜り抜けた先に掴んだ光の集積が、いつかのだれかを導く光となりますように。

制作をしていると、稀に行けるところがある。
この世でいう死んでいったモノたち、これから生まれてくるモノたち。
形を持たないそれらが一体となった場所。
過去から未来という一方向の時間軸ではなく、これまでとこれからが同時に存在する、さよならのいりぐち。
自分の言葉ではうまく描写できない。
そこは決して私だけの場所ではないから、鮮明にその景色を描写し、必要な人に明け渡せるようになりたくて制作を続けている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中