東京藝術大学 大学院 修了制作
【身体をなくしたモノが、ここに在るために、】
To stay here, the soul lost its body need a form

 わたしも石も同様に身体を持つ物質である。それぞれの物質は、自分が持つ身体を通して、他の物質から溢れるモノを吸収する。同時に体内に蓄積されたモノを放出することで、互いに影響し合っている。

 吸収と放出を繰り返す過程で、自分に収まっていたモノが身体から抜け落ちてしまう。それを本制作では「身体をなくしたモノ」と表現している。「身体をなくしたモノ」が、この世界に生存するには、新たに代わりとなる身体を探す必要がある。

 わたしにとって代わりとなる身体は石であった。その瞬間の自分と繋がれる石を探していたのは、この為である。修了制作では、「身体をなくしたモノ」について考察し、彼らが生存し続けるための手段を模索している。

《身体をなくしたモノが、ここに在るために、》
2017 / W3000×H2500mm
紙・鉛筆・木炭・石

To stay here, the soul lost its body need a form
2017 / W3000×H2500mm
paper , pencil , charcoal , stone

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中